初めてターンを練習する時に

初心者クラスでターンの練習をしています。

 

何度となくまとめは書いていると思うので、繰り返しになる部分もありますが、今回ははじめてターンを覚えるという方がほとんどなので、もうまったく足は気にしなくていいですという方針です。

 

ターンで必要なのは足をどう使うかではなく、まずは正しい方向に身体をひらくことです。足にこだわりすぎると軸足と回る方向を結びつけようとしてしまうので、せっかくのベリーダンスならではのターンの自由度が失われてしまいます。身体を開く方向は常にピルエットと一緒。わからなくなったら右回りなら右パッセをつくって胸を正面にひっぱりつつ右膝を右後ろへひっぱってみる、左回りなら左パッセをつくってry、です。

 

ただし、落ち着いて回る、ふわふわ回る、緩急をつけて回る、といった表現は足で行うことになります。でもそれは私からアドバイスすればすぐできることだから、自分でガチガチに気にしなくても大丈夫だと思います。

 

正しく回っていれば足はいつか鍛えられます。ですが「こっちの足かけて、こっち」なんてやってると、いつになっても垢抜けないことに悩んでしまいます。ちょっと某◯HKのニュースサイトの記事の書き方真似してみたんですが、細かすぎて伝わらないナントカですね。