腕のアレの話

ゆるめの(経験者だけど)基礎クラスを全3回でグループレッスンさせていただいたので、

あらためてご報告とお礼を。

参加者のみなさんが気になるのは圧倒的にムーブメントで、私がみるとどうしても気になってしまうのは重心の位置と姿勢だったのですが、じゃあどっちをブラッシュアップしようか、ということになったら、やっぱり自分で気になっているところからのほうがいいよね、というのが今回思ったことでした。いろいろムーブメントをとりあげて練習しているうちに、だんだん自分の見せ方に意識がいく→他人からの見え方も意識できるようになる→自分に戻るという感じで、身体も落ちなくなるし、カカトにも乗らなくなるので。

いろいろあったのですが、今後の自分用にも腕の(スネークアームと呼ばれているアレ)ことだけ残しておきたいと思います。アレ(スネーryって恥ずかしくていえない書けないんです)練習しましょう、となった時に、基本的な前ハの字なポジションにみなさん腕を上げます。その時どこを使ったか、ということがとても重要で、これもいろいろな言い方があって迷うところなのですが、今回は「肩甲骨で準備→次に二の腕の内側を下から押されるように使って上げる」という言い方をしてみました。経験の豊富なみなさんはお気づきのように、これだけでは腕の形はあっちこっちいってしまいます。あとはどうするの?ってことですよね。

でもここで1つわかっておいてほしいのは、ポジションとアライメントは違う、ということです。腕のポジションはこの場合「高さ」と「角度(開き具合)」になります。アライメントは腕の骨自体がどう並んでいるかということです。今ポジションを二の腕の下側で決めたので、あとは骨を並べます。次に肘からあげる、とさらにポジション決めを重ねてしまうと、いつになってもポジションが決まりません。ポジションは肩甲骨準備→二の腕の下側で決めて、あとはアライメントの仕事です。スryは連続してずっとアームが動くので、これを延々繰り返さなければいけません。ポジションだけ決めてあとはなんとなくスryのイメージで、とやっていると、不安な印象になります。間違ってはいないけど、見てて不安になる、というやつです。骨の並びを自分で把握しましょう。連続写真のどれをとってもコンビニの袋がかかってそうな腕になっていないように。

基礎クラスは自分主催でもまたやりたいなーと思っていますが動きだしが遅くていつになるかわかりません。

関係ないですが、突然またヨガはじめたくなりまして、ハーフプライマリーを自分でやっています。大変。時々遊びでつま先までターンアウトしてハーフやってみることがあるのですが、やっぱり楽。きちんと親指同士あわせて内旋と外旋複雑につくるより、完璧でなくても外旋だけで動くことは楽というかチート技なんだなと思いました。それじゃヨガはだめなんだけど。でも踊る時にターンアウトに目つぶっちゃいけませんよーだってそうじゃなきゃ楽に動けないんだから、と言いたかったのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中