重心のことなど

さぼってたら年末になりかけてしまいました。みなさまいかがお過ごしでしょうか…… 月曜はびっくりするくらい早くタンヌーラが終わったので(素晴らしい〜)、練習は続けつつ、リッサファキールを練習していこうと思います。でも新しくメンバーが増えたところでもあるので、個別にムーブメントも練習するつもりです。思います、だのつもりです、でごまかすのをいい加減やめたいなとも思ってるんですが(まただ)レッスン計画を立てるの難しいです。

遅くなってしまいましたが、ハッガーラとスリークォーターの集中レッスンをやらせていただいた時のことを少し。「動き」を身につけるのは大して難しいことではありません。それは例えば、恥ずかしさとかイマジネーションのブロックがない人なら、誰でも簡単に「踊る」ことができるのと一緒です。問題は、人に見せる踊りとして成立しているものかどうか、ということになります。

ハッガーラでいえば、後ろ重心で腰を上下横へ動かす、ということに慣れてしまった方が、「前重心にする=身体が落ちていない状態でハッガーラをやる」ようにするには、相当のやる気と必要性の自覚とトレーニングが不可欠です。重心変えるって難しいですよ。アームの使い方を大人になってから覚えるのと似ていて、レッスン中いくらがんばっても、普段の生活で戻ってしまうので。

今回はバレエのバーを使って、そして腰を「これ以上落とさない」というラインを鏡にテープで貼って練習してみました。あと、大腰筋の位置をはっきり知ってもらうことで、「前重心はダンサー(や多くのアスリートにとって)いたってノーマルな状態なのだ」ということを頭でも理解してもらいました。バーを離してすぐに完璧にできなくても、身体を十分に引き上げてハッガーラをやっていた記憶がしっかり残っていれば、普段のレッスンで身体が「落ちた」時、もしくは人の身体が落ちたところを見た時、何らかの違和感を感じることができると思います。その時に流さず、違和感を克服してほしいな〜というのが願いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中