ベリーダンスと腹筋。というほどでもない

腰痛おもちの方がいらっしゃるクラスでは、久しぶりに?腹筋をとりいれてみたりしています。といってもそんなにきついものではなくて、どこをどう使うのか、どの状態が踊っているときのノーマルで、「お腹を出す」ときにはどのように腹筋を使えばいいのか、ということを床に横になってトレーニングしてみる、という程度です。特に「お腹を出す」=「ゆるめる」ではないということがわかると、先々表現の幅が広がります。私はWSでとある先生に「腹圧をかける」ということを教わって、目ウロコでした。私なりに考えた「お腹を出す」のイメージは、最低でも手のひら1枚分以上の広さの腹横筋をぐっと背骨に近づけたら、その腹横筋を2枚にはがして、1枚だけを戻してくる、です。もともと腹横筋が2枚あると思ってもいいんですけど。当然腰も守られるので、ベリーロールのたびに腰が痛い、ということもなくなると思います。今日のレッスンでもやるよ〜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中