4/29月曜日の上野と5/1水曜日の中野はお休みさせていただきます 1日祭日じゃないけどすみません

 

ターンの練習しています。何度となく言ってますが、ターンの方向を決めるのは地面についている足がどっちか、ということではありません。軸足で決めてしまったら、そもそもベリーダンスのターンはほとんどピルエットと逆回りということになってしまいますけど、逆に回っているわけではなくて、脚がダミーになってるだけです。身体の開き方は右回りなら右回転のピルエットと一緒、左回りなら左回転のピルエットと一緒。どっちの足をついているか、クロスして回るのか、プロペラなのか、ということには影響されません。されないのでどうやってでもどのタイミングででも夢のように回れます。なので、ターンの練習をする時にパドブレ以前の「1歩踏んで回る」みたいな癖をつけないほうがいいです。ターンはターン、パドブレ(移動)はパドブレ。きゅっと回ろうがふんわり回ろうが移動しながら回ろうが1ステップで回ろうが1つためて回ろうが自由なわけですが、どれかしかできない、というターンは使うことができないし、もし無理矢理自分の癖を音楽に当てはめて使うとなると本末転倒になります。特にプロペラターンはなぜか1歩移動して回る癖がついてる人が多いので、体重移動のみで移動=パドブレはつけないで練習します。右足前5番から右に体重をシフト、右アーム上左アーム下、左足が軽く流れたポジションからそのまま左足を踏み出さずにその場でのって右プロペラ回転、左アーム上右アーム下左シフトで片側終了→左回転側。回転中は左足の土踏まずの真上に股関節(左足付け根のど真ん中)がきて、それ以上左にはシフトしません。フラットでもルルベでも土踏まずと腰は上にひきあげっぱなしです。さっきから開店開店変換されて困ってますが贔屓の店はむしろ続々閉店していて辛いです。十番の福島屋さんは改築でしばらくお休みだし。どんなターンをするにもピルエットはよく練習してくださいねバレリーナじゃないからできなくてもいいので。できるできないよりは正しいポジションでやろうとしている、ということが何より大事で、例えば身体落ちた状態で片足で1時間たっていられるより、1秒でも正しくパッセできたほうがあとあと伸びます絶対。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中