スリークォーターシミープラス

スリークォーターシミーに苦労してるかたが多いんだなあとメッセージみてると思うので、もう少し。
スリークォーターシミーは、ルルベのウォーキング(アサヤたててまわりを回るとか)やダイアゴナルのパドブレ(オリエンタルのエントリーの鉄板のあれ)に使われることが多いので、ここにかいておいた練習がクリアできたら、もしくは同時にルルベでも練習します。片手は支えていてもかまいません。支えているのと反対側の足で前後のパドブレをふみながら、スリークォーターシミーをいれますが、ここの練習と違って音はかけないほうがいいです。音かけちゃうとあわせようとして端折ってしまうので。きちんと動かせるようになると必ず音がかかったら自然とでてきます。順番はパドブレの脚をSとして軸足をPとすると、S側の腰↑ ダウン↓+前に着地 → p側↑+足離れる ↓着地→ S側↑+後ろに着地 → となります。かかなきゃよかったってくらいわかりにくいですね。最終的には支えはなしで、でも音に合わせるよりとにかくはっきり大きくアップダウンサイドと動かすことが大事です。

スリークォーターは確かにできるひとはさっさとできちゃったりしてて「なんでだよ!」思うことも多いかもしれませんが、単純に練習を繰り返せば確実にできるようになるムーブメントなので、ちょっと心を無にして練習してみることをおすすめです。表現うんぬんは基礎さえつけばいつかぜーったいできるようになるので、基礎練しながら焦らなくて大丈夫です。昨日ちょっといってたけど、呼吸とまっちゃってたって平気ですよ。それもいつかコントロールできるようになります。筋肉の動きを正確に模倣するには、無呼吸じゃないと初めはできないことも多いです。ティッシュの箱アタマにのせて練習してた時期なんてみんな1年もないでしょう?でもティッシュ箱をのせて練習する経験は必要なんです。と同じことです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中