ターンまとめ

ベリーダンスのですよ?

どんなターンも身体の開きはピルエットと一緒。つまり身体の開き方は軸足の左右ではなく、回転の左右(方向)によってだけ決まります。バレルだろうがシットエンドだろうがみんなそう。ベリーの場合はピルエットとは逆足が軸足になるパターンが多いのでここが混乱の元。ターンは身体の開きさえ掴めれば足はどっちをどうつこうが全くのフリー。思い通りのターンをアシストするために使えばいいだけ。回転自体を足では作り出さない。あくまでも補助。なくてもいい。地面がなかったら、ですけれども。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中